『土壌汚染の法律問題−民法改正にふれて』(環境管理4月号)

小澤英明
「土壌汚染の法律問題−民法改正にふれて」

(環境管理2020年4月号28頁以下)

小澤コメント

この論文は、本年4月1日に施行された改正民法が土壌汚染の法律問題にどのような影響を及ぼすかを論じたものです。改正民法と従来の民法との大きな考え方の違いをまず説明し、土壌汚染に焦点をあてて改正民法下の売買契約上の法的責任を説明しました。雑誌の表紙は無観客開催で行われた大相撲春場所の写真です。コロナ問題で各分野で想定外の事態が発生していますが、法律家には、過去の判例のエッセンスを新しい事態に柔軟に応用する姿勢が求められていると思います。