大村先生のドイツ3月コラムその3